エッセイを書く:あなたの生産性を高める19個のアドバイス

エッセイを書くことはリスクの低い賭けです。それはあなたのお気に入りの娯楽ではなく、困難な作業をあなたに課し、週末の予定をすべて台無しにしてしまうでしょう。友人とピクニックに行くことはできません。クラブで踊ることもできません。図書館の孤独と、あなたの指だけがゆっくりとキーボードから太字のテキストを絞り出します。

良いニュースは、(エッセイを書くことを)継続すれば、一般的に、あなたの週末や社会生活を再発見できることです。次の19の科学に基づいたヒントを使用して、一晩であなたの文章の宿題をすべて完了させることができます:

  1. あなたの机の上を乱雑に。衝撃的なヒント、そうではありませんか?それはあなたのお母さんがあなたに言ったものではありません。人々は整理整頓のために努力しています。誰もが失われた情報やアイテムを探して時間を無駄にしたくありません。しかし、フローニンゲン大学の2015年の調査研究は、驚くべき発見をもたらしています。オランダからの学者が無秩序な環境で働いている人は、はっきりと明確に定義された目標を設定することにより、秩序の意味を再確認しようとすると、より速く、それらに達することが分かりました。
  2. 複数のモニタを使用してください。Microsoftによると、複数のモニタを使用することで、9%〜50%パフォーマンスを向上させることができます。可能な場合は、異なるデバイスを使用してください。たとえば、リサーチのためにタブレットを使い、エッセイを書くためにラップトップ(ノートPC)を使うことができます。(少なくとも時々)
  3. スタンディングデスクを使用してください。2013年にビジネスインサイダーによって行われた調査によると、シッティングデスク(普通の机)の代わりにスタンディングデスクを使用することで、生産性を10%向上させ、より気力に満ち、より集中することができます。
  4. ポモドーロ技術。最大の生産性のために仕事と休憩を交互に行ってください。1980年代後半に開発されたこの戦術は、仕事を通常は25分の短いセッションに分割し、続いて5〜10分の休憩を行うものです。これらの間隔は「pomodoros」、イタリア語で「トマト」と呼ばれている。この方法の著者であるFrancesco Cirilloは、自己制御のためにトマトのような形状のキッチンタイマーを使用しました。
  5. 水をたくさん飲みます。イーストロンドン大学の心理学部による研究では、被験者は、テストを受ける前に3倍の水を飲みました。そのテストは、画面上にオブジェクトを見つけたとき、ボタンを押すというものでした。このグループの応答反応は何も飲んでいない対照群からの参加者に比べて少なくとも14%速かったです。新鮮な水が最高のエッセイを書くために不可欠です。
  6. 笑います。南カリフォルニアのロマリンダ大学の最近の研究では、笑ったり、単にユーモアを経験すると、ストレスホルモンを減少させることによって、脳機能を改善させることが示されています。だから適量の(15分まで)Youtubeで面白い動画は助けになります。
  7. 誰かと休憩を取ってください。休憩中の世間話​​には15%のパフォーマンス向上を保証します。これはあなたの友人を呼び出すのに最適な理由ではないですか?
  8. 気が散ることを防止する。テキストやソーシャルメディアは待つことができます。あなたは気が散るものを排除するのに助けが必要な場合は、大量の特殊なアプリケーションが(すこし名前を挙げるとしたら、Anti-Social、Freedom LeechBlock)あります。
  9. Eメールをチェックするのをやめる。到着するメッセージの予測不可能な性質は、電子メール中毒を引き起こす可能性があります。1日に2〜3回Eメールをチェックするという規則を作り、午前中に重要な仕事をする前にメールチェックをしないようにすれば、あなたの人生ははるかに容易になります。
  10. データを同期する
    Dropboxは、Googleドライブ、Tresoritや他の多くは、あなたがどこからでもドキュメントにアクセスできるようにします。これ以上エッセイを失わせない!これ以上の犬宿題を食べて!
  11. あなたの内側の完璧主義者を殺します。文章を完璧に書こうとするとあまりにも多くの時間がかかります。実際、最近の研究では、生活の中で成功するために大学でトップの学生である必要はないことを明らかにしました。
  12. 5〜10分刺激与えてくれる読書をしよう。有名な人の引用から刺激を受けることではあなたは進み続けることができます。((ブルース・リー)「あなたが事を考えて、あまりにも多くの時間を費やす場合は、それはなしとげられませんよ」。
  13. あなたの意志の力を賢明に利用します。その供給は限られています。現代世界の多数の誘惑で、あなたの意志の力は、多くの場合、過度にストレスを受けます。低カロリー食にこだわり、同時に期末試験のために勉強することは避けてください。
  14. 十分な睡眠をとります。多くの研究が十分な睡眠が(劣らず7時間以上)最高のエッセイを書くことを含む学問的成功のために極めて重要であることを実証しました。
  15. エアロビクスを行います。イリノイ大学の2014年の調査によると、他の健康上の利点とともに、定期的な有酸素運動は、関係記憶に良いです。
  16. タッチタイプ(ブラインドタッチ)を学んでください。これは、あなたが50〜100%速くタイピングすることを可能にします。
  17. 雑音のある環境で勉強する。驚くべきことに、科学は現在、いくつかのバックグラウンドノイズは、実際に創造性と生産性を向上させていることを証明しています。あなたの部屋が静かすぎる場合は、 CoffitivityまたはSimplynoiseのようなアプリケーションは、スペースを埋めるのに役立ちます。
  18. 不自然に楽観的になろうとしないでください。常に自分らしくあれば良いでしょう。最近の研究では、リラックスしたり最高の結果を期待するのは楽観主義者だけであるということがわかりました。
    彼らは最悪の可能な結果を​​考えるとき悲観論は、逆に、30%の性能を向上させることができます。(だから、)あなたはまずまずのエッセイを完了するのに失敗した場合に起こりうる最悪の事態は何ですか?
  19. すべてを自力でやろうとしない責任を委任することは成功への鍵です。あなたはひとりではありません。作文で助けを得ることはあなたが思うよりも簡単です。

これらの小さな習慣で、エッセイを書くことを容易にすることができます。賢く勉強すると、自分の生産性が急激に向上するのを楽しむことができます。

コメント (0)